借家について…。

1人暮らしの経験がある方は、借家を利用したことがあるのではないでしょうか?借家とは、住む所を借りている住宅のことを言います。
賃貸住宅がこれに当たります。
どのような借家の形があるのかというと、一軒家の賃貸、マンションタイプの賃貸、アパートの賃貸などがあります。
都市部に近いと一軒家の借家は見つけるのが大変かもしれませんね。
さらに、借家という名前は、物件の所有者から見た場合には、『貸家』という呼び方もします。
また、物件の所有者を『家主』と呼びます。

ここで、借家について詳しく調べていきます。
住宅の所有者と居住する人が契約を結んで、賃貸契約が結ばれます。
居住する人は、所有者に毎月決められた金額の家賃を納めなくてはなりません。
また、通常の場合、物件の所有者に、礼金や敷金、保証金というような費用が契約に際して必要になります。
また、契約をする居住者の他の人で保証人も必要になります。
例外になりますが、敷金や礼金が必要の無い物件もあります!加えて、入居費用の高騰を防ぐために、敷金や礼金のお金を無しにして、毎月の家賃の金額に上乗をしている物件もあります。

借家には、自分の持ち物でないという点があるため、物件を探す際に、自分に合った物件を探す方が多いのではないかと思います。
また、駅の近くやコンビニやお店の近くを狙って物件を探す方も居ることでしょう。
新しい借家の中には、住宅メーカーが作成したものや女性をターゲットにした見た目を重要視した物件などもあります。
そのため、一軒家や分譲マンションよりも豪華な物件もあるのが現状です。
また、オートロック機能や管理人の在住している物件もあるようです。
これからも、需要が期待できる借家の領域は広がり続けるのではないでしょうか?



《管理人推奨サイト》
新法と旧法があり複雑な借地権について解説している専門店です ⇒⇒⇒ 借地権

Copyright © 2014 借家の仕組み All Rights Reserved.